ツォルネ線画

ひっさつです。(くん)

スポンサー広告がトップにくると、この野郎~邪魔だボケがぁ。と思うので更新!
しばらく放置すると表示されちまうようですよ。


ツォルネ
↑キャラ :同人ゲーム rosenkreuzstiletteからツォルネ。

暇なと・・ゲフン、、心に余裕が無いとき、理不尽な修正依ら・・ゲフン、、なとき、ネットでリア充画像を見るとき、etc..などなにかが折れそうになるときには、好きに落書きをさせてもらっています。何者にも介入されない、されたくない、すんな!・・な落書きです。

HDDの中でゴミのように積もっていくカオスな落書きの中にはちょこっとだけ仕上げていきたくなるものもあったり。

このツォルネもそのひとつです。
でもあくまで、“ちょこっと”なので仕上げるか否かはわかりんせん。線画にまでしたのにアレですが(笑)
なんか、普通なんですよねー。
もっと考えて描かないとダメだね。自分ではわかってることなんだけど、技術があがることで失われるものもあると思うのですよ。失敗しないように描くこととか、斬新なイメージを忘れたりとか。

まー良い絵かどうかは見る人によると思うので、あんま気にしてないケドwww

仕上げろよ!という熱い要望or仕上げよう!うん!という熱が発生したら仕上げます。


RKSといえば、我がデザインのドリス嬢のスクショが届いてました。
エルカーエスさんのサイトで見れます。

見た瞬間、わっしょいっ!!と発してしましまんした。

ドット絵になると懐古厨の血が騒ぐのか、デザインしたのが2年前くらい・・ですかね?で感慨深いのか、嬉しさでいっぱいになりますね。

・・・夢だったんだよ俺の、幼いころからの、、ロックマンのボスキャラになるのが。。
何度も応募してなー。

覚えているのは5のときのプリズムマンとかいうキャラくらいですが。見事、クリスタルマンにもっていかれました。
デザインがすげえ似てて、ぬおおお!!惜しかったんじゃね!?プリズムマン入れたんじゃね!?とかひとり盛り上がっていたのが今となってはトラウマです。たしか、“光の屈折と反射”がメインの攻撃方法だったと思う。

ああ、思い出したらDメール送りたくなってきた。もう一歩思考をこらせよ、俺!って。


ロックマンボスキャラデザイン募集は、当時のゲーム好きの子供の夢そのものだったということです。

自分はわりと昔から糞絵を描くのが得意だとホイホイ言われてたほうだったので、やはりホイホイその気になって応募してたのです。

念願叶わず一生の後悔となっていたのですが、RKSの存在はそこに射す一筋の光ですね(笑)
まさか同人という形で夢が叶うとは思いませんでしたよ。あれですね、諦めてさえしまわなければ願いはいつか叶う、ということですね。
あれ?良い話?ウザイですね、はい。

よく考えるとRKSのボスキャラ募集に応募した人とかRKS好きの人っていうのは自分と似た、というか純粋にロックマン好き(ドラキュラかもしれんけど)の人種のような気がしますね。

とんでもねえ、面白いことだと思います。
続報に期待!





 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント