ゆうちゃん家


 ゆう 「もしもし。どなたですか。」

 さぶろう 「!?おまえ・・・ケータイにオレの名前ちゃんといれてるのか!?」

 ゆう 「・・・誰よあんた。新手のストーカーかなにか?いっとくけどあたしについて回ってもボコボコになるだけよ。エロろう。」

 さぶろう 「わかってんじゃねーか!!」

 ゆう 「あたりまえでしょ。声聞きゃわかるわ。(登録はしてないけど)で、何よ。」

 さぶろう 「明日でブログが一周年になるらしいぜ。」

 ゆう 「ブログ?なんのことよ。おめでたいことなの?」
 
ゆうちゃん家小さい


 左 : ゆうちゃんの妹 右 : ゆうちゃん (キャラ紹介参照)

 さぶろう 「わかんねーけど、めでたいんじゃないか?」

 ゆう 「わからない?そんな曖昧であたしと関係ない理由でかけてきたの?ころすわよ。」

 さぶろう 「(あ、あいかわずこえ~。。)と、とにかくそういうことらしいから。。んじゃ・・・。」

 ゆう 「あ!ちょっと!」

 さぶろう 「??なんだ?」

 ゆう 「あ、そのー、、いまからうちこない?じつはちょっと暇してたのよ。」

 さぶろう 「(なんだ、誘いたかったのかよ、意外とカワイイとかあんじゃねーか。ってゆーかもしや二人っきりか!?)おお、わかった。いまからいくよ」 ピ!
 
 ゆう(妹) 「あーーー!お姉ちゃん!また冷たいものばっかりたべて!おなかキーーン!ってなるよ!」

 ゆう 「ん?ああ、いいのよあたしはおなか丈夫だから。」

 ゆう(妹) 「だめ!そのカキ氷はぼっしゅーします!」

 ゆう 「やっぱり、さっきから狙ってたな~。(笑)じゃあこれからうちにくるお兄ちゃんと戦って勝ったら食べていいよ。いっとくけどあたしより100倍は強いからね、気をつけないと殺されちゃうかもよ~。」

 ゆう(妹) 「うん!わかった!よーし、ひさびさに暴れるよー!!」

 ゆう 「ふー、部員の修行を考えるのもあたしの仕事。必殺部部長も楽じゃないわね。」
 

数分後、街に救急車のサイレンが鳴り響くことになるのは間違いない。

ゆうちゃんの妹も、ゆうちゃん同様かそれ以上の実力をもっているのだ。


 ■ ひっさつクリックサンクス! ↓ ブログランキングです。1日一回クリックでポイントが追加されます。是非ご協力ください。 ゆう 「よろしくッ!」

にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ

 ■ ブログ拍手サンクス!

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おお!1日早いけど一周年おめでとう☆

そういえば、うちは来月で一周年だ!
ひっさつくんとBlogをはじめた時期が同じくらいだったねw
Blogのリンクの一番目はひっさつくんだったなぁ♪

No title

>cheer

おお~☆サンクス!!cheerさんのキュベレイに惹かれてリンクさせてもらったんですよねw
なんだかすごく長い1年だった気がします。最初はワケわかんなくて試行錯誤してたw
cheerさんもテンプレート調節をよくしてましたよね

これからもたくさん絵を描くからルーラしてきてね~☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。