だぶるちょっぷ!






 ゆう 「今日のひっさつ、いくわよっ」


今日のひっさつは、名作FCゲーム“くにおくん”シリーズより“七瀬遥”のひっさつ“だぶるちょっぷ”だ!


 左:さぶろう 右:ゆうちゃん (キャラ紹介参照)


ジャンプしたのち相手に両手によるチョップをあびせるひっさつ“だぶるちょっぷ”。
平仮名表記なのは仕様ですw


 さぶろうはいま昼休み中。区立最弱中学校時代の友人とケータイで雑談していた。


 友人 「-で、そんなとこよ」

 さぶろう 「いやじつはオレも部活はいってさ。あんまり暇がねーってゆーか、常に危険にさらされてるっつーか。。」

 友人 「へみ?危険?なんだそりゃ キツい運動部でもはいったのか?」

 さぶろう 「・・・ま、そんなとこだな。。」

 友人 「気でも違えたのかおまえ、昔から体力なかったじゃねーか。マラソンなのに100mでゲボったのお前だけだぜ」

 さぶろう 「それを思い出させないでくれ、トラウマなんだから。。でもあん時期はホントにいろいろ・・・。」

 友人 「わりわり、イジメられてたもんなおまえ」

 さぶろう 「だからそれをゆーな、アホ」

 そのときなにかの影がどこからともなくさぶろうの背後に飛来した。それも目にも止まらぬ猛スピードで。
 
 ゆう 「ばかえろ!!隙ありいいいい!!!!!!」

 さぶろう 「!!? うぃ・・・」

 
 友人 「おい!!さぶろう!大丈夫か!?いったいなにがあった!?応答せよ!!」


 ・・プー、プー、プー。 ←電話のきれた音 


 友人 「きれた・・・。こうしちゃいられない、110番しなきゃ! まってろさぶろう いまに公安直属の役人の誰かがおまえの身柄を確保しにかけつけてくれるからな!」


 その後、必殺学園の一部クラスにちょっとした騒動が起きたことは言うまでもない。


 【ひっさつクリックサンクス☆】 ※ランキングのことです
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント